文化祭を終えて―お礼のご挨拶―

新風革命と十夢合わせて週4〜5日、多い時は週6日の練習がいきなり週3日に減ってしまい普段何をして過ごしていいか分からず、暫くはボーっと過ごすことになるのかなぁ…と思いきや!!そんな場合ではなかったです(^^;)
文化祭の公演に向けて新風革命を優先していましたので、今度は十夢の公演の台詞覚えに入りました!!新風革命の練習内容もしっかり考えなきゃなのです!団長です!!

先日「新風革命としては初の公演」である文化祭での発表を無事終えることができました。
文化祭で偶然観に来てくださったお客様、十夢の公演と聞いて観に来てくださったお客様、公演のお問い合わせをいただいたお客様、リハーサルから本番まで面倒を見てくださった中央公民館のご担当者様、劇団十夢の団員たちと元劇団十夢の仲間たち!!本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

経験の浅い団員たちだけでの初舞台だからこそ一番怖かったこと…それは緊張で芝居が止まってしまうことでした。
でも、本番直前の稽古で何度も通し稽古をしていたからか、仲間がいる安心感からか、皆が度胸があるからなのか、とにかく舞台は止まることなく最後まで行くことができました。
いや、むしろ普段そんなに早くないでしょ(;´д`)っていうスピード感で芝居が進んでしまいました(・・;)

「情緒が〜!!」「今までやってきたことが〜!!」という演出の心の叫びが聞こえてくるようでした(^^;)
スピードの速さに本人達は気付いていなかったようです。これも緊張が原因だったのでしょう。

決して出来が良かったわけではありませんが、舞台の経験値が上がったという意味では皆にとって貴重な公演になったと思います。
今、新風革命に必要なのは経験です。練習も本番の場数も含めて経験が必要です!

今回はテーマを持って、とにかく一生懸命やる意識を持つことが目的でしたが、次は同じというわけにはいきません。
もっと芝居の基礎を学び、レベルアップする必要があります。
決して自己満足にならないように意識改革も必要です。
十夢の先輩たちからもたくさんの叱咤激励を受けました。

これから益々大変になっていきますが、仲間がいればそんな大変さもきっと楽しいはず♫

新風革命!!これからもっともっとレベルアップ目指して頑張ります٩(^‿^)۶

次回はもうちょっと詳しく公演の様子とかをお伝えしたいと思います(^^)
取り急ぎお礼のご挨拶まで・・・

タイトルとURLをコピーしました