文化祭当日の様子はこんな感じでした

文化祭が終わって早くも2週間が過ぎてしまいました(・・;)
文化祭後の稽古は基礎練習をメインにやっていますが、やっぱり基礎ができていないことを実感(>_<)
でも、文化祭前よりはやっぱりちょっとだけ成長していることもまた事実です!
こうやって皆成長していくのですね(*’▽’*)
微々たる成長も凄く嬉しいです♫団長です!

さて、文化祭当日は少し早目に到着したものの、演出が気になっていた箇所を外で少し練習したらあっという間に声出し可能な部屋へと移動する時間が来てしまいました。
その部屋で体操・発声をしていたら、シーン練習はほとんどできず、控え室に移動する時間に(・_・;

控え室に移動したらすぐ衣装に着替えてスタッフの打合せ。なんと進行具合が10分も前倒しだった為、すべてを予定よりも早送りして行動しなければなりませんでした(;´д`)

演出からのお言葉をもらってすぐに気合い入れをして恒例のハグタイムが終わったら、あとは皆緊張しながら前の団体さんの進行を見守りながらホール裏口で待機。
でもその時間も僅か…。すぐに自分達の出番が来て公民館のスタッフの方に挨拶をして舞台袖に待機。
スタッフの方から「始めて大丈夫ですか?」と聞かれOKを出そうとした瞬間……進行の担当の方から「お芝居だから呼んでるお客様もいるでしょうし、時間ちょうどに始めます?」と思いもよらないお言葉!「可能ならお願いします」…と当初の時間通りにしてもらうことで少し時間的余裕ができました。

これで皆にも少しだけ気持ちの余裕ができました。そして公民館の技術担当の方のお計らいで、リハに参加できなかった美雪ちゃんの為に、音出しを試す時間まで作ってくださいました!有難すぎる〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

…と、喜んでいたのも束の間!他の公民館の担当の方から「代表者の方いらっしゃいますかー!」と呼び出しが!!
なんだ!なんだ!と慌てて行くと、「今待ってるお客様退屈になっちゃうから、コントでも何でもいいからやってよ」と決して悪気の無い笑顔で無茶振りが…(-_-)
おっしゃることはごもっともなのですが…

いや、誰も手空いてないし、何も前座的なもの用意してませんから!!と戸惑っている私の目の前に救世主が現れました!!
元福団長のたし君です!!事情を説明すると笑いながら快諾。助かる〜(>_<)

その間私は走って役者の皆の元へ戻り事情を説明。たし君のトークが終わったのを確認し、主役のあっ君に心の準備を確認後、公民館のスタッフの方に合図を送り、無事幕が上がりました(*´-`)

バタバタ始まった文化祭でしたが、無事幕を閉じることができたときには、ホッとしたというよりは本当に安堵しました(>_<)

ちょっと長くなりそうなので続きは次回にまとめさせていただきます♫

タイトルとURLをコピーしました