基礎を学びながらお芝居の楽しさを知る

文化祭の本番を終えて、ただいまお芝居の基礎をお勉強中の新風革命(^^)
本番の仕上がりを見て、やっぱり基礎ができていない!と現実を叩きつけられてしまいましたからね(^^;

ゆっくり時間を掛けて床柔軟や体操が終わったら、よさこいの動きを覚えながら身体をあたため、うるっしー指導の元発声練習。
滑舌までじっくりやっている時間がなく、その日のタイムスケジュールでどうするかを決めて次の稽古に進みます。

毎回必ずコミュニケーションゲームやエチュード、練習台本を使っての実践をランダムで行っています。でも本当は他にもやりたいことがいっぱいあるのです(^^;)
でもあれもこれもと手を出して身に付かなかったら意味がありませんからね、今はちょっと耐えどきなのです。

地味に地味に、一歩ずつ確実に…(*^^*)

でも今、皆楽しそうにやっているのが見て取れて、私も嬉しいのです♪
新風革命はまず芝居って楽しい〜♪ってところから教えていきたかったので、とても良い感じだと思います。

エチュードにしても練習台本にしても、自分達でやってもらった後には必ず演出指導が入りますが、まずは自分で考える!そして指導されたことを、自分のこだわりを捨ててどこまで素直に聞き入れられるか?そして演出されたことをいかにきちんと形にできる(表現できる)か…。

楽しいだけでは済まないけれど、そのうちそういう事もひっくるめて楽しいと思える日が来ると期待して…╰(*´︶`*)╯

実は今、ちょっとした目標に向かって、1本のショートストーリーを完成させるべく稽古が始まりました!
残念ながら皆様にお披露目できる日は無いのですが、どんな仕上がりになったかはブログにて報告できたらなぁと思っています!!

最近の稽古ではホワイトボードをフル活用しています!!

タイトルとURLをコピーしました